TOP >  大人にきびについて  >  大人にきびについて

大人にきびについて

スポンサードリンク

思春期以降にできるニキビは「成人型にきび」と呼ばれ、一般的には「吹き出物」とも呼ばれています。
20歳代後半から30歳代の女性に多く見られ、アゴのまわりや口元、ホホ、首などにできやすく、赤く、比較的大きくなります。にきびは、昔は「青春のシンボル」なんて言われていたときもありますね。しかし、大人のにきびは、思春期にできるにきびより厄介なものなのです。
炎症も激しくなりやすく、思春期のニキビにくらべて治りにくいなどの特徴があります。
成人型ニキビの原因は、「あぶら性」などの体質や、「化粧」によって毛穴がふさがれることで、毛穴に皮脂が充満し、アクネ菌が増殖しやすいことなどが考えられています。
最近増えている大人のニキビの主な原因としては、「ストレスによるホルモンのバランスの乱れ」がいわれています。
ストレスを感じると、ストレスから体を守ろうとして、副腎皮質ホルモン(ステロイド)が分泌されます。この、ホルモンには、皮脂の分泌を活発にする男性ホルモンの作用があるため、皮脂が過剰に出やすくなります。
仕事や、人間関係などでストレスを感じる女性が増加したことが、ニキビと関係していると考えられています。
「大人のニキビ」の治療法としては48台の医療レーザー機器を用意しておりますので、一人ひとりの患者様の肌質・症状にあわせて最適な医療レーザーを組み合わせて対応しております。

関連エントリー

TOP >  大人にきびについて  >  大人にきびについて