TOP >  大人にきびを治療!  >  大人にきびの皮膚科治療について

大人にきびの皮膚科治療について

スポンサードリンク

大人にきびは、思春期にきびに比べ治りにくく、にきび跡になりやすいため初期治療が特に重要です。にきびの原因は、概ね過剰分泌された皮脂によるのですが、大人の場合、皮脂と古い角質が混ざり合って毛穴が詰まってしまうのです。つまり、皮膚の新陳代謝の低下により、肌の再生機能がうまく働かないため、残った古い角質や化粧品が毛穴に残り、にきびができてしまうのです。
毎日の洗顔だけでは、治るスピードに増して悪化のスピードが上回る場合は、皮膚科等での専門治療が必要なケースもあります。
大人にきびも通常のにきび同様、ケミカルピーリング治療、イオン導入治療、レーザーフェイシャル治療、IPL治療、フォトRF治療、圧出治療などが効果的と言えます。どれも肌のターンオーバーを正常化し、皮脂分泌を抑制するため、にきび治療に有効なのです。

肌あれと大人にきびを混同する方が時々いらっしゃいますが、根本的に違いますので注意してください。肌あれは主に肌の乾燥等による皮膚表皮の湿疹や敏感肌等を刺すのに対し、大人にきびは通常のにきび同様毛穴内の炎症等の症状を指します。
もちろん治療法も違いますが、肌本来の保湿力を向上させたり、余分な皮脂分泌を抑制することで肌の健康状態を維持することについては共通目的としているので治療法の多くに共通点もあります。肌荒れにしても大人にきびにしても治療しないでいると悪化し2次障害を誘発しますので初期治療が望まれます。

関連エントリー

TOP >  大人にきびを治療!  >  大人にきびの皮膚科治療について